弁護士紹介 - 石上麟太郎 -

石上麟太郎

ご挨拶

私が弁護士になりたかったのは、弁護士が人の不幸を追っ払うことのできる仕事だからです。
弁護士というのは法律(言葉)という武器を駆使して法廷というコロシアムで戦うファイターであり、依頼者のための生ける剣であり盾です。
その武器を適正に駆使して正当な形で依頼者の不幸を追っ払い、ひいては社会全体の不幸の総量も減らすというのが、その使命だと感じております。
そうした弁護士の基本に忠実に、依頼者の権利を護りたいと思います。

経歴・沿革

平成元年3月成城大学大学院法学研究科修士課程修了
平成8年11月司法試験合格
平成11年3月最高裁判所 司法研修所 終了(第51期)
平成11年4月弁護士登録(第一東京弁護士会)
平成20年9月石上法律事務所開設

現在の主な役職等

  • 学校法人成城学園評議員
  • 明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科兼任講師(企業法務担当)
  • NPO法人安全学研究所監事
  • NPO法人エンターティメント・ロイヤーズ・ネットワーク会員
  • NPO法人日本司法サービス推進協議会、カウンセル弁護士